nojimaya3

私達大工にはかかせない大工道具

 

先人たちの知恵で生み出された木を自在に操るための道具の数々。この道具がないと「いい仕事」はできません。

墨つぼ

墨つぼ

大工が木材に直線を引くのに使う道具です。
大工職人それぞれオリジナルのある墨つぼを持っています。

墨つぼは、差金=曲尺の相方です。

鋸

(のこ)

鋸(のこぎり)は木材を切断する道具です。

木材を繊維の方向に沿って切るときに使う鋸を「縦挽き」、木材を繊維の方向と直角に切るときに使う鋸を「横挽き」と呼びます。

 

槍鉋

槍鉋(やりがんな)

木材を削る道具。普通の鉋(かんな)のような台がなく、槍の穂先に似ています。

突くようにして木材を削り、平面に仕上げます。

大鉋

大鉋(おおがんな)

5寸を超える鉋を大鉋と呼ばれています。

 

 

反り鉋

反り鉋(そりがんな)

アール面のカンナがけに使用します。

アールといっても、凸面ではなく凹面です。

特殊鉋

特殊鉋(とくしゅがんな)

社寺建築などに使う特殊な鉋。

 

玄翁

玄翁(げんのう)

玄翁平ら面はノミや釘を打ったりします、翁丸面の方は釘打ちの最後、木に傷が付かないように打ったり、木殺し(木を叩作業)に使います。

ノミ

ノミ

木材に穴を穿ったり、彫刻したりするのに用いる工具。

 

彫刻刃

彫刻刃(ちょうこくとう)

模様を彫るときに使う。

特殊彫刻刃

特殊彫刻刃

複雑な模様を彫るときに使う。

 

釿

(ちょうな)

釿は主に柱や梁などの丸太から角材を削り出す荒削道具。

また、釿を使うと、独特の波状の削り肌を残すことから、名栗面(なぐりめん)という表面の仕上げかたにも使われます。

罫引き

罫引き(けひき)

木材をけびくことによって材に平行な線を印したり、薄い板を割ったりする道具